■男性の薄毛原因と特徴

 

男性の薄毛の原因は男性ホルモンです。

 

思春期以降の成人男性に発症する男性の薄毛の原因として、

男性ホルモンのテストステロンが毛根の毛母細胞に入ると、

毛根は細胞分裂をやめてしまいます。

 

これが毛乳頭と皮脂線でさらに強力な男性ホルモンに変化して

毛母細胞に運ばれ毛根の細胞分裂を止めてしまいます。

数年をかけて太く健康に成長する髪の毛が、十分に成長することができずに

細く短いうぶ毛のようになってしまうのです。

 

そしてこの細く短いうぶ毛は抜けてしまい、

やがて地肌が見えはじめ薄毛の症状となるのです。

 

男性型脱毛症が遺伝と言われるのはホルモンの生成体質が遺伝する事で

発症が遺伝するのではないかという考え方もあります。

 

男性型脱毛症の頭皮はたくさんの皮脂見られる場合が多くあります。

こうした過剰な皮脂の分泌が脱毛を促進しています。

皮脂が毛穴に詰まると髪の毛が十分に育たなくなります。

 

さらに頭皮表面の皮脂にはほこりや細菌がつきやすく菌が繁殖すると毛根が炎症を起こします。

炎症は頭皮の血行不良を引き起こし栄養素が毛根に届かなくなってしまいます。

 

粗悪なシャンプーやリンス、整髪料を使用している人、

帽子やヘルメットを常時着用している人にも同じことが言えます。

 

薄毛の対処方としては頭皮を清潔に保ち、髪の毛が成長しやすい環境をつくることが大切です。